国際的視野を持つことの大切さ

クラウチ アヤコ さん / 会社員

受講コース: 一般英語、IELTS、EAP、ケンブリッジ検定準備FCEコース
受講期間: 52週間
受講キャンパス: シドニー・ボンダイ校


kurauchi001

kurauchi002

留学を決意したきっかけ

中国滞在中に英語の重要性を再認識したことがきっかけです。 当時、多くの企業が中国進出を図っており、中国語習得を目的として北京へ。 英語が通じない街での暮らしの中で、様々な国の人との出会いが英語の重要性を気づかせてくれました。 これが最大のきっかけです。

英語学習の中で一番自分のためになったこと

自分の意見をはっきりと伝えることができるようになったことです。 母国語以外の言語を通して、それまで自分がもがいていた悩みや不安が解消されたことも、大きなリターン。 そこに辿り着くまで、悔しい思いをしたり、涙を流したりして長い時間がかかりましたが、今目の前にあるできることをやり続けた結果、感動の涙も多かったように感じます。

留学を通して英語学習以外で自分を一番成長させたこと

自分を認めることができるようになったこと。 日本は素晴らしい国だけれども、どんなに努力をしてもどんなに成果を出しても、周囲からの要求が後を絶たず、幸せな未来を思い描くことなく疲れ果ててしまっていた。英語を通じた人との出会いの中で、自分がもっているバックグラウンドが世界に通用すると自信を持つことができ、将来に希望をもてるようになったことが、私にとっての一番の成長です。

留学前の自分と今の自分との違い

失敗してもくよくよしないこと。文化的な背景で、失敗は恥だから失敗しないように注意深く考える傾向があった。 それは大切なことだけれども、失敗も自分の楽しい話題で、自分の失敗で誰かがハッピーになれるのであれば、それも良いと考えられるようになった。生きることが楽になった。

留学の一番の思い出

ダンス。 大好きなダンスの本拠地がオセアニアであったことから、ダンスレッスンができる場所を探し出し、好きな先生を見つけ、今では同じパッションを味わえるオーストラリアの仲間がいる。これは本当に言葉にならない感動。苦しい時も悲しい時も、飛び上がりたくなるくらいハッピーな時も、ダンスがいつも自分の傍にあったから、オーストラリアの生活を堪能できたと思う。

今後の人生プラン

英語を使って世界を飛び回るビジネスウーマンになりたい、と思って勉強し始めましたが、同時に家族の大切さを実感。願いかなうのなら、自分の家族を持ちたいですね。 いずれにせよ次の若い世代に国際的視野をもつことの大切さを伝えていけたらと考えています。

SELCに入学をお考えの方へのメッセージ

ここは日本ではない。学校はあなたの人生を魔法のように変えてくれない。でもあなたが小さくても夢をもって学校で勉強すれば、サポートしてくれる人はたくさんいる。 ドアを開くかどうかはあなた次第。